一緒にサイトの運営をしてくれる人を募集しています。詳しくはメニューの説明をどうぞ。

プログラミングはある意味勉強すべきだけどおすすめしない理由

プログラミングを学習することはおすすめしない。

まず明確に向き不向きがあるという点。

実は英語能力や数学的能力がかなり求められる。絶対ではないだろうけど、確実にあったほうがいい。

実際のところ、できるようになるメソッドができていない。

初心者本はいくらでもあるが、中級者本はほとんどない。

個人で勉強することに限界が見えがち。

プログラミングの世界はオープンだけど、実務がない人にああだこうだご丁寧に教える文化ではないし、それを求めるのほうがおかしい。

実務がなければ、勉強しない、する必要がないことが多すぎる。

つまり取っ掛かりが個人レベルだと見えにくい。

ありとあらゆる面で現状は勉強しにくいように感じる。

例えば、サーバーサイドを勉強しました。

で、なにをやるの?というのが思いつかなかったりする。

いや、本当に見えにくいんだ。私だけか・・・?

そもそも個人でフルスタックでなにか作り出せるようになるのが難易度高い。

しかし魅力的な偏らないで学べそうな企業もどんだけあるんだか・・・

今の時代なにかの専門家として極める事自体リスキーだと思うが。

 

まあこれらはおすすめしない理由としては弱い。

問題はここからだ。

プログラミングでの仕事。

いや、もっと言おう。在宅ワークというのはとてつもなくしんどい世界である。断言する。

 

在宅でできる仕事というのは、世界中で仕事ができる。

つまりだ、自分と同じ仕事ができる人間の選択肢が世界中に広がるということでもある。

じゃあ東京でコストが高い人と、北海道でコストが低い人のどっちが有利か。

じゃあ北海道の人と、中国の人がどっちが有利か。

 

これは英語圏ではすでに起きていることだ。

英語ができる国にアメリカの企業のコールセンターの仕事を外注する。

アメリカ人にはやらせない。高いから。

 

日本は言語の壁があるからこそ、内需が生まれている部分がある。

そして言語の壁があるからこそ、ガラパゴスに陥っている。

世界で勝てるサービスを創り出せていない。

 

話戻すけど、プログラミングは同じ言語を世界中で扱う世界だ。

優秀な人材がマネージメントできるなら、おそらく日本人なんかに頼まないだろう。高いし。

 

世界で勝てるサービスを創り出せていない点にもふれるけど

GAFAのようなものに対抗するのはやればいい。対策をしてもいい。

しかし逆に彼らに見限られなければいいが。

日本で商売しても旨味がないよね?となって、GAFAを利用できないような国家に成り果てるかもしれない。

フェイスブックはいらないからいいけど。

ファーウェイさんのFだと思ってた。

 

とにかく体を鍛えておいたほうがいいとは思うのであった。

 

 

 

 

 

 

一緒にウェブサイトを運営しませんか

私達はニート、元ニートなどでウェブサイトを運営しています。一緒に運営してくれる方を募集しています。

収益化を目指しています。ニートそれぞれ個人ではなく、集団として社会に適応し居場所を作る活動です。
詳しくはメニューの説明や、clowderを御覧ください。

管理人の日記
スポンサーリンク
ヨルヒ

持たざる者達というサイトの管理人。
ニートなど社会的弱者のコミュニティを作りたくて活動中。
なので、一緒にサイト運営したい人も募集中。
逆に私が同じような志の方に合流することも考えています。
テレビならさまさまとマツコの知らない世界。
アニメならカウボーイ・ビバップとか攻殻機動隊
漫画ならますむらひろしとか浅野りん
ゲームならフロム・ソフトウェアとスクエニ
小説なら遠藤周作とか伊藤計劃
音楽ならBUMPOFCHIKENとかヨルシカ
スポーツなら国内サッカー
などがわりと好きな人

ヨルヒをフォローする
持たざる者達

コメント